毛髪再生 nhk ニュース 7月26日
毛髪再生の初めての臨床研究が東京医科大学と資生堂などのグループで開始された!
壮年性脱毛症は男性ホルモンが発毛を抑制すると言う
10本ほどの毛髪の毛球部毛根鞘細胞を取り出し
3か月で100万個まで増やし頭皮に注入する
頭皮下に隠れた髪の毛を太く長くするらしい
今後5~6年で実用化するらしい
日本人男性3割が発症する男性型脱毛症の壮年性脱毛症は生え際や頭頂の毛が細く短く薄毛になる
原因はテステスロンが毛母細胞を抑制するからという
今回の細胞注入は根本治療の可能性に期待されていると言う
もう一つ
理化学研究所や京セラなどグループは毛包を大量に作り頭皮移植で脱毛症治療する臨床研究開始のニュースです
2020年に早ければ実用化らしい
上皮性幹細胞と間葉性幹細胞を取り出しコラーゲン中で培養し、毛包を大量に作り出す世界初の再生医療技術!